合宿の持ち物を解説。忘れ物が無いように!

合宿の持ち物は?服装は?

通常考えられる着替えなどのほか、合宿ならではの持ち物もあります。あるいは合宿に持っていくと便利なもの、忘れてならないもなど、思いつくだけ書きだしてみました。

(ただ結構みんなが悩むのは、宿の中での服装や寝巻き、ドライヤーを持っていくべきか?といった疑問が多いので、それについて参考程度にしかならないかもしれませんが・・・)

宿泊数については、2~3泊を想定して考えました。

合宿中の服装について

基本的に合宿服装は動きやすいものがよいでしょう。夏合宿ならTシャツ短パン、春、秋ならジャージが一般的です。
民宿かホテルか、貸切かどうかによっても変わってきます。素朴な民宿であれば、ジャージや部屋着のような服装で館内を歩き回ってもいいと思いますが、リゾートホテルなどでは、リラックスしすぎた服装は周りから浮いてしまう場合もあります。
ふざけて上半身裸になったり、夏だからといって露出が多すぎたり、他のお客様や現地の住民に不快感を与えるような恰好は避けましょう。それなりに身だしなみも考えねばなりませんね。

行き帰りの服装について

おしゃれな人は、行き帰りの服(外出着)を別々にするかも知れません。でも、やはり荷物は最小限にするべきです。
合宿を受け入れている宿には洗濯機がある場合が多いですから、洗って干せる服は洗濯して使いまわすといいでしょう。行きも帰りも同じ服装で問題ないかと思います。

持ち物について

バッグ

荷物がたっぷり入るキャリーバッグを使う人が多いですが、そのほかに肩掛けバッグや小さめのリュックがあると、すぐ取り出したいものがある場合や、宿に荷物を置いてちょっと出かけるという場合に便利です。
1~2泊なら大きめのリュックでもよいでしょう。両手があけられるのがメリットです。リュックタイプは荷物がごちゃごちゃになりやすいので、バッグインバッグを使用したり、色つきの仕分け袋があると便利です。

着替え

荷物のほとんどは着替えの衣服になると思います。合宿の宿では、基本的に寝間着は準備されていないので、寝るとき用の服も忘れずに持っていきましょう。夏期の合宿には帽子も持っていきましょう。
上にも書いた通り、衣服を洗濯して使いまわせば荷物を削減できます。宿に洗濯機があるか事前にチェックしておきましょう。

タオルなどアメニティー

民宿でホテルでも、合宿ではアメニティーはつかない場合がほとんどです。
泊数にもよりますが、フェイスタオル2枚、バスタオル1枚、歯ブラシ、歯磨き粉は持っていきましょう。化粧用品は最小限、ミニボトルに移すなどコンパクトにして持っていきましょう。
宿のお風呂には共用のボディソープ、シャンプー、リンスがある場合が多いですが、事前に確認すると安心です。

ドライヤー

幹事さんたちから、よく「ドライヤーはありますか?」という質問をいただきます。答えとしましてはずばり「民宿には持参すべし!」です。
ホテルならフロントで貸し出したり、風呂場に置いてある場合も多いですが、順番待ちになりますから、絶対に使うという人は持参したほうがよいでしょう。折りたたみ式の軽いものがあると便利です。
幹事さんとしては事前に民宿・ホテルに問い合わせて、皆に案内すると「デキる幹事さんだ!」と褒められるかも??

その他小物

絆創膏、ケガ用の消毒液、虫除けスプレー、正露丸などの簡な単ケガ・病気・虫刺され対策用品は団体用意しておくといいでしょう。
保険証(コピー可)もお忘れなく!現地で病院へかかる場合に使います。
トランプ・花札・カードゲーム・ボードゲームなど、インドア用のレクリエーショングッズがあると、雨天時や夜にメンバーと楽しめます。
文庫本や電子書籍があれば、移動中や待ち時間の暇つぶしになります。
万能ナイフがあると棘を抜いたり、鼻毛を切ったり、ワインの栓抜いたり、果物を切り分けたり便利です。
スポーツ系合宿は水分補給のために、小さめのステンレスマグカップ、保温水筒があるといいでしょう。人数分のコップを宿で借りられない場合もあります。
その他には、クエン酸粉末、ビタミンCの飴、チョコレート、カロリーメイトなど栄養補給・おやつ。メモ帳、ボールペンなどの文房具。
意外と充電器を忘れる人がいます。スマホ・ケータイの充電器はもちろん、カメラ・ノートパソコンなどを使用する場合はその充電器もお忘れなく。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・空き状況等お問合せは旅プランへ

合宿手配センター

電話 03-5300-9671

営業時間:平日9:30~18:00 土・日・祝日定休

お急ぎならお電話がおすすめ!

24時間受付!宿をまとめて空き確認するなら

ページTOPへ