合宿の食事はボリューム重視!

合宿の食事について

合宿であるから、ご馳走というよりも栄養バランスや分量が大変重要になります。
海辺の民宿であれば刺身や焼き魚なども出ますが、どちらかといえば、肉系や揚げ物、中華風のボリューム重視の食事となる場合が多いです。
食は施設の規模によっては、大人数であることからバイキング形式だったり、ワンプレートの食事(プレートにすべて乗っている)であったりします。ご飯の量についても1人1合が基本ですが、あらかじめ言えば大盛りにしてくれる宿もあります。

また少年系合宿の場合は、アレルギーや苦手食材の対応はできない場合が多いが、多少なら対応可能なホテルや小規模な民宿もあります。

食事の支度については、マネージャーさんなどに手伝ってもらえる宿もある一方、片付けもある程度セルフでやらなければならない宿もああります。ここが普通の観光旅行と違うところで、合宿ならではの光景といえるでしょう。

また、合宿であれば1泊あたり夕食・朝食・昼食の3食つける場合が多いです。宿に1泊2食のプランしかない場合は、お昼は外注でお弁当の手配が必要です。昼食はカレーライスや親子丼、うどんなどのお手軽なメニューが多いです。

次の写真は、千葉県内の民宿で出された合宿向け食事(夕食)の例です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご予約・空き状況等お問合せは旅プランへ

合宿手配センター

電話 03-5300-9671

営業時間:平日9:30~18:00 土・日・祝日定休

お急ぎならお電話がおすすめ!

24時間受付!宿をまとめて空き確認するなら

ページTOPへ